ドローンを練習するためにはどんなことに気をつければいいの?

ドローンの練習方法に関するお役立ち情報を集めました。

基本技術について

まず、離着陸の練習は欠かせません。いわば空撮のスタートとフィニッシュとも言える離着陸をマスターしないことには撮影が始まりませんし、せっかく撮った映像を載せたドローンが故障してしまうかもしれません。ドローンの中には手から投げるだけで起動するものやボタン1つで自動ホバリングを開始するものまでさまざまありますが、最初のうちは基本操作から学んでいくことが大切です。起動を確認したらスロットルを少しずつ動かして上昇を開始させましょう。

そして、ドローン空撮の醍醐味と言えば、通常ではあり得ない高さでの撮影です。そのため、一気に上昇させてみたくなるかもしれませんが、慣れないうちはグッと堪えて徐々に上昇しましょう。撮影テクニックとしては、あえて障害物の多いところからスタートさせ、視界が開けた瞬間に大パノラマが広がるというものがあります。

ドローンを360度旋回させながら被写体を撮影するテクニックはポイントオブインタレストと呼ばれており、これもドローン独自の撮影方法です。あまり早く旋回させすぎると忙しない印象になるため、ゆっくりとした旋回から始めましょう。また、ドローンの影が映り込んでしまうと途端に映像から味が無くなってしまうため、ドローンの存在感を無くすような撮影を心がけてください。